鳥フェス仙台2018 講演会 開催! | オカメインコなどと触れ合える小鳥カフェ表参道

メニュー

 
ことりカフェ

ことりカフェからのお知らせ「鳥フェス仙台2018 講演会 開催!」




 

ことりカフェのニュース

鳥フェス仙台2018 講演会 開催!

2018年02月06日
 

カワイイ小鳥雑貨大集合♪インコアイスやスイーツも!
鳥フェス仙台2018が、2018年3月31日・4月1日の2日間開催!

鳥フェス仙台2018では、豪華講師陣による、講演会を開催いたします。
2日間に渡り、4テーマの講演会をお届けいたします。

全講演、1講演につき、1,500円(税込)でご参加いただけます。
※入場料は別途かかります。
※参加費は当日現金にてお支払いください。
※小学生以下入場無料

鳥さんのことをより学べるチャンスです。
この機会に是非、講演会に参加されてみてはいかがでしょうか??

鳥フェス仙台2018の詳細はこちらから

「なんでこんなになったのか?そうか!そうすればいいのか」
わかりあえる最良のパートナーになるための応用行動分析学入門

以前は…
呼んだら来てくれたのに!
手を出せば乗ってくれたのに!
おとなしくお留守番できたのに!
愛鳥との生活には多々ある「こんなはずじゃなかった!」。
もしかしたら愛鳥さんも同じ気持ちでいるかもしれません。
縁あって一緒に暮らす事になったパートナー。
できればお互いわかりあい阿吽の呼吸で暮らしたいものです。
なぜそれをしてくれなくなったのか?
なぜそれをするようになったのか?
愛鳥との暮らしでよくある事例などをもとに、行動の科学をベースに楽しく解き明かしていきましょう。

開催日時

2018年3月31日 12時~13時30分

講師

石綿美香
ALETTA 代表
IAABC公認CPBC(国際動物行動コンサルタント協会公認インコ・オウム行動コンサルタント)

事前お申し込みは終了いたしました!
当日参加もいただけます。
お申し込みは受付まで。

鳥の老いとは?鳥の老いじたくを考える

今回は、「鳥の老いの見つけ方と、老いていく鳥への寄り添い方を」をテーマにお話しします。

ともに暮らしている鳥もいつかは老います。
「この子もいつかは老鳥になって、体がいうことをきかなくなる日も来る…」という意識を、その鳥がまだ若いうちからもつことで、ともに暮らす鳥さんがこれまで以上に愛しくなり、大事にしたいと思えるようになるはずです。
そんな気持ちで日々を接することの大切さ、大事さについて、まずはお話しします。

それから、鳥さんたちが発する「老化」の信号の見つけ方について、そして、老いが始まった鳥さんたちとのつきあい方についてふれてみます。

老鳥に寄り添う際に、特に重要になるのが、精神面――メンタルのケアです。
鳥さんの気持ちを察して、それと上手く向き合うことで、よりよい生活ができてきます。また、それによって寿命も伸ばしてあげられる可能性があることもわかっています。

そんな話をしたいと思っています。

また、今回の講演で触れてほしいことがありましたら、こちらのTwitter(@aru1997maki)や、ことりカフェさんを通して事前にご連絡いただければ、そのことにも触れたいと思います。

開催日時

2018年3月31日 14時~15時30分

講師

細川博昭
作家。サイエンスライター。
鳥を中心に、歴史と科学の両面から人間と動物の関係をルポルタージュするほか、先端の科学・技術を紹介する記事も執筆。
日本鳥学会、ヒトと動物の関係学会、ほか所属。
おもな著作に、『うちの鳥の老いじたく』『インコの心理がわかる本』『インコの食事と健康がわかる本』(誠文堂新光社)、『鳥を識る』(春秋社)、『マンガでわかるインコの気持ち』『知っているようで知らない鳥の話』(SBクリエイティブ)、『大江戸飼い鳥草紙』(吉川弘文館)、『インコのひみつ』『身近な鳥のすごい辞典』(イースト・プレス)などがある。

事前お申し込みは終了いたしました!
当日参加もいただけます。
お申し込みは受付まで。


大切な愛鳥さんの、命と心を守るためには!?

・病気の6割は◯◯◯が原因
・問題行動や病気の誘発は◯◯が原因
・事故、中毒、迷子は◯◯◯が原因
以上の3つを改善することで、大切な愛鳥さんの命と心の9割を守ることができると言われています。
この講演では、「大切な愛鳥さんの命と心を守るために」すぐに行動に起こせる方法をお伝えしたいと思います。
限られた時間ですが、参加される皆様にとって少しでもお役に立てれれば嬉しいです。

開催日時

2018年4月1日 12時~13時30分

講師

松本壯志
CAP!(ドリームバード)代表
NPO法人TSUBASA代表理事
●主な著書・監修
「手乗り鳥の本」(ペット新聞社)創刊号立ち上げ
「コンパニオンバード」(誠文堂新光社)創刊号立ち上げ
「コンパニオンバード百科」(誠文堂新光社)第7章執筆。
「インコー長く、楽しく飼うための本」(池田書店)監修
「インコのきもち」(メイツ出版)監修 
「はじめまして インコ きもちと育て方がわかる」(池田書店)監修
「鳥のきもち」(WAVE出版)執筆
「鳥のはなし」(WAVE出版)執筆
「鳥と私の幸せの物語」(WAVE出版)執筆
(その他多数)

事前お申し込みは終了いたしました!
当日参加もいただけます。
お申し込みは受付まで。

オーストラリアのオウム・インコたち

世界中で飼い鳥として愛され、親しまれているインコたち。
そんな彼らもカラスやスズメのように海外の原産地では野鳥として暮らしています。
オーストラリアに生息する野生のオカメインコやセキセイインコたちをメインに現地で撮影した写真や動画を使って紹介。
野生のインコやオウムがどのように暮らしているのか、その知られざる暮らし方に迫っていきます。
華麗に大空を舞い、逞しく生きる鳥たちを見ればお家で飼っている鳥さんたちも違って見えるようになるでしょう。

開催日時

2018年4月1日 14時~15時30分

講師

岡本勇太
高校生の頃、オカメインコのコンピーを飼い始めてから、野生のインコたちの資料はほとんど存在しないことに気づき、9年前にオーストラリアに初渡豪。
野生のインコの写真集「beauty in the nature」を出版。
地方新聞記者及びカメラマンを経て、現在はフリーの動物写真家として、オーストラリアに長期滞在中。
文一総合出版の野鳥雑誌「BIRDER」や学研の「ことりの気持ち」などに寄稿を行いながら、野生のオウム目の魅力を伝えるために奮闘中!

事前お申し込みは終了いたしました!
当日参加もいただけます。
お申し込みは受付まで。

お問合せ

株式会社ことりカフェ
info@kotoricafe.jp
※通常1週間以内に返信をしております。

 
ことりカフェホームページのトップへ戻る